壇洋一ブログ

2014.10.4

調湿を見える化できる家

なが~く楽しく暮らすためには、健康を維持できる家でないといけません

 

現代の家は性能も良くなりました。

高気密住宅が多く建つていますが、気密性がよくなると室内の

空気を入換えるために24時間換気が義務づけられるようになりました。

 

最近では、外気を室内に取り込むときに室内の温度に近づけて

取り込む熱交換式機械が増えてきました。

しかし、湿度を調整して家の中に取り込む機械はありませんでした。

 

今回、弊社のアモーレで採用している機械は、調湿することができ

モニターで確認できるので画期的です。

もちろん、加湿、除湿もできるのです。

しかも、年中理想的な湿度を維持できるんですよ!

 

室内の理想的な湿度は、40%~60%と言われています。

ですから、年中調湿したところにいられることは健康でいられ

長生きできるのです。

お年寄りにも嬉しい家なのです。

 

夏の外気は、温度30℃前後・湿度75~85%ほどあります。

冬は、温度5℃前後・30~35%ほど

梅雨は、温度26度前後・80~90%以上になっています。

 

カビは湿度70%以上で発生します。カビが発生すると、ダニはカビを餌と

します。シロアリも湿気を好みます。

このように、湿度が高いことで良いことは一つもありません。

 

でも一方、乾燥しすぎても、肌の乾燥くる肌荒れや、鼻の調子も悪くなります。

ですから、室内の健康湿度は40%~60%が理想といえます。

 

でも、このような機会でも、家の気密や断熱が高性能でないと能力を

十分発揮できず、意味がありません。

 

家の性能を簡単にいえば、北海道で建てる住宅の性能と同等か、それ以上

の断熱、気密性能を必要とします。

ですから、細部にわたり理想的な調湿ができるように建物も愛情をこめて

つくったのが「アモーレです。

 

以下、アモーレのご案内

http://www.home-land.co.jp/amore/

 

 

 

 

 

Category: 壇洋一ブログ