施工事例 新築

新築

福岡市南区D邸 新築

永~く人生を楽しみたいから、いつまでも健康でいられる家にしたかった

  • 2
  • _DSC2736
  • 2.8_hl_kantou_166

    調湿された室内は湿度45%~53%を維持しているので、室温が28度でも非常に快適です。ちなみに28度はエアコンをつけていない状態です。
    そのような状態で風呂上りなどに10分でも扇風機にあたると寒くなってしまいます。
    この調湿の機械は家に使っている材木や壁材、そのほかの自然素材にも最良の状態を維持しています。

  • 2.8_hl_kantou_152

    「家族で一緒に料理を作ることができれば幸せですね~」そのような願いを込めてアイランドキッチンにしてみましたが….娘たちは料理を作れるのか?が不明です。

  • 2.8_hl_kantou_180

    消炭色の畳は、夜になるとダークグリーン色に見えます。

  • _DSC2781
  • DSC_8434
  • DSC_8413
  • 2.8_hl_kantou_205
  • 2.8_hl_kantou_255
  • DSC_8604
  • DSC_8601
  • 2.8_hl_kantou_302

    キチン横のブラインド越しにある猫部屋です。

  • 2.8_hl_kantou_240
  • 2.8_hl_kantou_247

    2階の洗面はヨーロッパテイストに仕上げた造作です。

  • 2.8_hl_kantou_230

    1階の洗面は二人が同時に立てるようなスタイリッシュ型に造作しました。

  • 2.8_hl_kantou_221
  • DSC_8621
  • 2.8_hl_kantou_218
  • 2.8_hl_kantou_195
  • DSC_8660
  • DSC_8664
  • 2.8_hl_kantou_014

楽しく生活するための居心地良い、健康にしてくれる家。

以前住んでいた家はFPの家でした。FPといえば、断熱性と気密性に優れていて、冬は暖かく夏は涼しいというのが定評。しかし、このような家にも不満はありました。それは断熱気密に優れているので空調をつけると乾燥しすぎることが一つの悩み。そして、もうひとつは、新建材(工業製品)で家をつくったので新築したときが一番いいときで、時間が経っても経年美を感じることができませんでした….。早い話が、その当時は、子育ての時期でもあり、日々の生活でもっと家を良くしようと思う余裕もなかったように思います。 子供が成長した今、家にいる時間を大切にしたいと思うようになりました。夫婦それぞれ“どのような家にしたいのか”を考えて自分達の居心地いい空間づくりに専念しました。 でも基本は、楽しく生活するための居心地良い、健康にしてくれる家でしたので、今回は以前住んでいた家の経験を生かし、年中調湿された住まいにしました。 家族もこの上ない快適さに満足している様子です。