施工事例 マンションリフォーム

マンションリフォーム

福岡市東区香椎浜(O様邸) マンションリフォーム

これからの暮らしに寄り添う家づくり 

  • 01

    狭い玄関ホールを広くとり、廊下に面したドアを閉める時の暗さを利用して、ギャラリのようなスペース
    にしました。毎日家に帰って来る時やリビングと寝室を通るたびに、大好きな絵を観れるように。
    玄関真正面にエコカラットも貼りました。

  • 002

    玄関正面の両サイドの扉を開けると、第二の応接間につながっています。
    普段扉を開けたままにすると、玄関にも自然な明かりと風がはいります。

  • 02
  • 03

    第二応接間にカウンターを設けています。実は、カーテンを上げると博多湾を一望できます。「毎年の花火大会は本当に真正面から上がっていますので、友人もその時期になると集まってくるんですよ。だからこのマンションを手放せないのかもしれませんね。」と奥様が笑いながら話してくれました。
    第二の応接間は、ときにご主人様の写真撮影や読書のスペースになったり、ピアノを置いていますので、奥様もここでゆっくり音楽を楽しめます。そして、子供さんが帰ってきた時の寝泊まり部屋になります。

  • 04

    リビングに入ると左隣に懐かしいアンティックレンガを貼ってみました。手作り感があり温かみのある雰囲気になりました。

  • 05

    狭くて暗い廊下を広げて、憧れの親子ドアを設置。どこのマンションにも在りがちな縦長いLDKをL型に間取りを変えてみました。
    奥まったキッチンを手前に出して、奥にパントリースペースを設けました。
    これからは会話しながら料理もできるでしょう。

  • 06

    キッチンの横に小上がりの畳スペースを設けました。低かった梁を利用して間接照明を取り入れました。
    畳の下にも日頃つかわない本やアルバムなど収納できますし、段差を設けたことによって出窓越しの景色も見やすいでしょう。お孫さんが来られたら、畳で遊んでも昼寝しても最適なスペースです。

  • 07

    壁にカウンターと本棚を造作しご主人様のパソコンスペースにしました。電話、FAXやネットは全部
    整理し使いやすい場所と高さに配線し直しました。

  • 08

    あまり使わない6帖の和室をなくしてリビングを広げました。テレビの後ろには石目調タイルを貼り、ピクチャーレールを埋め込みご主人様の写真を飾れるようにしました。

  • 09

    和室の押入だったスペースを奥様の家事スペースに変えました。急に来客があっても、三枚引き込みドアを閉めれば大丈夫です。奥様が好きな木蓮の壁紙でアクセントしてします。

  • 10

    キッチンからの目線も考えてみました。テレビも南側の景色も見えますし、畳スペースでのんびりするご主人
    との会話もできます。玄関廊下からパントリーを通ってキッチンに来ることもできます。たっぷり物が入る
    パントリーは主婦にとって何より嬉しいのでは?!。床は掃除しやすい塩ビタイルです。六角のタイルは淡いブルーのキッチンと合わせて遊び心がありLDKと違う雰囲気を楽しめます。

  • 11

    トイレには、手洗いと収納を造作しました。変形した梁を生かして、和でも洋でも合う落ち着いた空間に。

  • 12

    ご夫婦の主寝室はホテルのようなイメージで壁紙、カーテンと照明で演出してみました。
    クロスの貼り分けがポイントです。

  • 13

    主寝室の奥にウォークインクロゼットを設置しました。仕切り壁は天井を照らす間接照明を設け、テレビ棚も造作しました。それで、風通しもよく明かりも入るので寝室も広く感じるでしょう。

住み馴れたマンションをお子様の巣立ちをきっかけに、今回、リノベーションすることになりました。
子供部屋をなくし、自分たちの為に間取りを変更しました。
O様ご夫婦とも絵が好きでご主人様は写真撮りの趣味がありますが、最初訪問する時もリビングにたくさん絵が飾ってありました。
そのような住み慣れたマンションも、築後28年が経ち、寒い冬には結露もありましたので、今回外部に面した壁には断熱材を入れ、すべての窓にインナーサッシを取り付けることを提案しました。