壇洋一ブログ

2014.12.20

建て替えるなら、健康でいられる家

寒い家に長く住んでいると、それが普通になります。

特に親世代の人は、我慢強い性格ですからなかなか暖かい家の

良さを分かろうとしないようです。

 

しかし、断熱性のない家では健康を維持するのが難しいのです……。

 

冬の室内温度が16℃以下になると、躰に与える負荷は大きく

なります。心疾患だとか血圧の上昇だとか、計り知れないのです。

皆さんご存知のヒートショックもその一つです。

 

早い話が、断熱性を高めるだけで人体に与える負荷のおおくが軽減されます。

 

いま、家の性能は向上していますが、一部の家を除いて完璧とはいえません。

100年もてる家をつくるためには多少の建築コストは仕方ありません。

もう一度家を建てるなら、多少、建築コストが上がっても健康でいられる

家を建てるべきです

いい家であれば、その家を大切に使い次の世代に引き継ぐことが

できますから費用対効果で考えれば、かえって安くなります。

 

冬は寒さに影響されず、夏も暑さを感じない年中一定の温度と湿度

が維持できる家があるのです。

でも、室内の環境を維持する機器に大きなコストがかかりすぎると

数十年にまた大きなお金をかけないといけなくなります。

ですから、スマートハウスは絶対NGです。

 

家が100年もてると、室内環境を維持する住宅機器の交換は

何回もしないといけなくなることも考えておかないといけません。

   

そういうことを念頭において家づくりを考えると、熱源機器を最小に抑えた

基本性能の高い家に行きつきます。

その基本性能を持ち合わせている家がアモーレです

月に2回、住まいモデルハウス見学会を行っていますので、ご興味のある方は

その性能を見学してください

http://www.home-land.co.jp/amore/

 

住まいモデルハウス見学会

今月は12月23日・新年は1月11日の予定です。

 

 

 

Category: 壇洋一ブログ