コーディネーターブログ

2020.5.20

キッチンの選び方 Part.1

こんにちは。

インテリアコーディネーターの後藤です

 

 

本日は、対面型のキッチンの特徴をご紹介したいと思います

 

【アイランドキッチン】

dining-1809844_640

アイランドキッチンは、キッチンと壁が接する部分がなく

名前の通り”島”のようにあるキッチンのことです

メリットとしては、やはりコミュニケーションがとれるところですよね

子供の様子を見ながら料理をしたり、キッチンと隣接する壁がないため

キッチンの周りをぐるりと1周でき、導線がよく家事がはかどります

 

 

デメリットなんてないんじゃない?!と思うくらい素敵なキッチンなのですが・・・

実は、デメリットもあるのです

アイランドキッチンは広いスペースが必要とされるためLDKが広いことが条件になります。

そして、常に綺麗にしておかないと、来客時などに見えてしまうという点と

料理中の匂いや煙などが部屋に蔓延してしまうといった点があります

 

 

【ペニンシュラキッチン】

ペニンシュラ_前壁あり

こちらは、”半島”を意味するキッチンで、アイランドキッチンによく似ていますが

左右のどちらかが壁に隣接している点が異なります

メリットは、片方が壁についているので

スペースをうまく使うことができる点や

コンロを壁側に設置することができるので選べる換気扇の種類が多くニオイ拡散の軽減になります。

デメリットとしてはアイランドキッチンのようにキッチンの周りを回れない点などがあります。

 

 

【L型キッチン】

L型キッチンの実例

名前の通りシンクとコンロ部分が直角でL形になっているキッチンのことです

L字型になっているので移動が楽な点が特徴で、お料理好きな方には人気があります

デメリットとしては、コーナー部分がデッドスペースになり、使いづらく工夫が必要といった点です

解決策としてはこのデッドスペースに食洗器を入れる、などが挙げられます。

 

以上、簡単にですが対面キッチンの特徴になります

是非ご参考くださいませ!!