注文住宅新築コラム

2017.8.17

火災保険

□我が国では、隣家から失火延焼で損害を被っても賠償をしてもらえません。失火法という法律があって賠償をしなくてもよく、火事は全て自己責任になっています。ですから住宅購入後は、まず火災保険に加入する事が重要です。 □火災保険に加入るには保険金額を決め、火災保険商品から補償内容を選びます。 □保険金額は、住宅購入時の価格がほ…

2017.8.7

戸建とマンションの違い

不動産的な要素で考えると、一戸建て住宅は、土地と建物、それぞれ自分の所有権ですから将来的な利用の仕方に制限はありません。売買の基準でみると、土地価格は購入した時ではなく、現在の市場価格が反映されます。建物価格は新築時の価格から年間6%の目減りが予想され15年で新築時の価格の10%が残存価格になります。これが日本宅建協会…

2017.8.7

最近の住宅事情

新築住宅の性能は、エネルギー問題や東北大震災・熊本大地震で大きく 変貌を遂げようとしております。 経産省のZEHや国交省のグリーン化事業におけるゼロエネ住宅もその一環です。 そのような住宅づくりにトライすることは、大変な労力を必要としますが 安心、安全な家づくりをするためには必要最低限なことなのです。 その為に、弊社は…

2017.8.7

中古住宅を購入してリノベーションするメリットは?

一般的には、土地を購入して新築するのと、中古住宅を購入してリノベーションするのとでは、中古住宅を購入してリノベーションする方が600万から800万ほど安く上がります。最近は新築需要より、リノベーション需要の方が多くなってきました。その理由は少ない予算で不動産を手に入れることができるし、木造の場合は基本的にどのようにも改…

2017.8.7

エアプラスの家(関西匠の会が、家の空気を変える。)

住まいの空気環境を、健康的に一新する「エアプラスの家」。 断熱性や気密性が向上し、住まいは進化したけれども…。 昔の日本建築は、土壁、木材、紙といった自然素材で構成されていました。風通しも良く室内の空気は自然換気されていたのです。しかし同時にこの構造は、冬寒く、夏暑く、病原菌などが侵入しやすい構造でもありました。一方現…

2017.8.7

木造住宅のメリット

どのような工法にもメリットやデメリットはありますが、ここでは木造住宅のメリットについてお話します。 ①価格が安い鉄骨住宅やRC住宅に比べ構造体が軽いため、基礎工事か比較的簡単に施工できます。また、鉄骨住宅は柱・梁などに耐火処理や防錆処理をするのに比べ木造住宅の場合は内外装の材料や構造体の厚みで耐火効果をもたせるため処理…

P4170047

2017.3.15

小国のブランド杉

弊社は新築の構造材やリノベーションなどに小国の杉を使っています。 小国杉は、標高300m~800m、平均気温13℃、年間雨量2,500mという立地、環境にあり これが杉の育成に適した土壌と気候なのです。 このような自然条件で育っていますから、強度と粘り、色合いと艶が他の産地の杉とは ことなり質が高いのです。 &nbsp…

2017.3.4

家づくりについて私はこう考えます・・・・2

私は2回家を建てましたが、最初から老後のことまで視野に入れた家づくりをしていれば ある意味、2回建てる必要もなかったかもしれません…。 しかし、若いときはお金もなかったし、やはりそれで精一杯だったですね…。   それから比べると、今の家は次世代まで住み続くけることができる家になりました…

2017.3.3

家づくりについて私はこう考えます。

私は今までにマンション暮らし、その後、戸建住宅を2回建てました。 1回目の家を建てることになった理由は、母親と同居するようになったからです。 それまでマンションに住んでいましたが、広くなかったし、何よりも母は花いじりが 好きだったことと、私も好きな植栽を植えた庭が欲しかったからです。 家の庭に温室を建てましたが、それは…